So-net無料ブログ作成

イランとロシアのCiscoスイッチがハッキングされる@横浜市緑区ウイルス駆除 [ウイルス駆除]

横浜市緑区(白山、新治町、東本郷町、西八朔町、東本郷、十日市場町、長津田町、鴨居、中山、十日市場、長津田、霧が丘、宮ノ下、青砥町、寺山町、竹山、長津田みなみ台、上山、中山町、鴨居町、森の台、三保町、いぶき野、小山町、台村町、北八朔町)

イランとロシアのCisco製のスイッチ(ルーター)がCisco Smart Install Clientを悪用したハッキングを受けました。これは、Cisco CVE-2018-0171 Smart Installの脆弱性として警告されていました。

Cisco Smart Install Clientとは、Cisco 製スイッチにおけるプラグアンドプレイ設定とイメージ管理のための機能及びプロトコルです。

ルーター侵入と改変の後、startup-configというルータの設定ファイルが上書きされ、ルータが再起動します。ルーターがハッキングされた後はいかようにも犯人側からの操作が可能になります。

Cisco社の対応は次のリンクになっています。

これは狙われたイランとロシアだけの問題ではなく、日本国内においても数多く販売されているものです。シスコの説明にもあるように、この脆弱性に対処する回避策はありません。

ホームページはこちらです。

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。